kicori project

union issue 6



a0214096_20482290.jpg



お知らせ遅くなってしまいましたが、先日9/23に発売しました

今回、表紙が4パターンになっています 

個人的に好きな表紙は、写真の松岡モナさん


最新号が出るたびに思いますが、ものすごい贅沢な一冊です 
スタッフの方々がとにかく贅沢です




union issue 6




Mark Steinmetz
Union初登場となる写真家マーク・スタインメッツ。MOMAやホイットニー美術館、メトロポリタン美術館ほか、 数々の美術館にも所蔵されていることで知られる彼が、この夏に訪れそのレンズを通してみたヨーロッパの風 景。そこには美しくも儚い一瞬の奇跡がモノクロームで収められ、珠玉のストーリーが広がっている。


Svetlana and Sousan
2014夏。場所はストックホルム。CélineやDior、Stella McCartney、Hykeなど洗練とモダンをテーマに写真家 アンダース・エドストロームがファッションストーリーを撮りおろす。これはまさに本物とよべる本当に素晴らし い写真、究極の洗練。


Casting Director
今やファッション撮影には欠かせない職業の一つ「キャスティング・ディレクター」。ストーリーに合わせて最 適なモデルを選び提案する彼らの仕事。今注目のキャスティング・ディレクター「Ben Grimes」に詳しく仕事の お話を聞いてみました。


Some Other Time
ポスト、ライアン・マッギンレーとも呼び名の高い写真家Théo Gosselin。昨年出した写真集も即完売する等今最 も注目される写真家のひとり。今夏アメリカ西部にロードトリップに訪れた美しい写真の数々。淡くも力強いエ ネルギーに溢れた青春がここにある。


One Fine Day
ニューヨーク、ブルックリン。写真家Mark Borthwickが撮り下ろす美しいファッションストーリーはどこかポエティックでいつも記憶の一部に取り留めておきたい。ChanelやPradaなど黒がもつ強さとモダンさを彼はここで 美しく表現してくれた。


Timeless
Unionの表紙をいつも撮影してくれているフォトグラファーClare ShillandとトップモデルLala Mullen。上質でいて シンプルそして普遍的なものは、性別も国境も時代も美しく通り透かす。決して高価なものが良いのではなく、質 の良い物を見極めそれらを長く愛用していく事が大切なのです。厳選されたSaint LaurentやGivenchyの美しいア イテムの数々は、まさにタイムレス。


One Day in Tokyo
いつも見ている景色も、視点が変わればそれらは大きく違う価値観をもって映し出される。パリをベースに活躍 する写真家Ola Rindalが見たこの夏のTokyoはとても透き通っていて美しく、Tokyoの街はこんなに美しい風景だ ったんだなと改めて教えてくれる。


Simplicity
荒木経惟×太田莉奈がDiorを纏う。Raf Simonsが生み出す力強く都会的なシルエット。伝統的な紳士服のテーラリ ングからは逆に、女性の持つ官能的な魅力を大きく引き出し、モダンとロマンチックが共存する新しい女性像を みせてくれた。


Somewhere in London
注目の写真家奥山由之が今回訪れたのはロンドン。彼のレンズを通してみると、ロンドンはいつになく躍動してい てそれはやっぱり美しかった。

Hinding from the Light
フィンランドからはAnni Leppälä。アーティスティックで知的な作品はいつ見ても美しい。光と闇に閉じ込められ たメランコリックな作品は、過去と未来を行ったり来たりして織りなす不完全な意識の情景。気がつくと彼女が 創りだすこの永遠の一瞬に、皆いつの間にか心引かれてしまっているのだ。

Unikko
誰もが見たことのあるこの”Unikko”と呼ばれる花柄。今年50周年を迎えるこのUnikkoはMarimekkoの中でも特に 大好きなアイテム。この素敵な花柄に包まれれば、私たちの生活はもっと楽しくなるに違いない。

Gift
自然の風景を、幻想的な風景を写し出すTerri Weifenbachと、日本を代表する写真家のひとりの川内倫子。お互い の写真集を持っていたという二人が、2011年からプライベートで続けていた往復書簡。長い時間をかけて送り合 われた写真たちが『Gift』と題して今年作品化され発表になりました。その中から今回はUnion用にセレクトして もらいその美しい作品を私たちに見せて頂きました。


Mona Matsuoka
今や日本を代表するモデルになった松岡モナ。そしてその彼女の内面を静かにポエティックに映し出したのは写真家 Ola Rindal。ファッションのテーマになったのはトレンドに左右されない私たちが思うスタンダードなアイテム たち。上質で変わりないそして、先を行くベーシックはここにある。



180ページ、上製本、表紙4種類、1,480円(税別)
by kicori-projects | 2014-09-25 21:18 | select item